あごニキビの原因と治し方

あごニキビの原因と治し方

あごニキビの原因

 

あごにできるニキビは、大人ニキビです。

 

皮脂の分泌が主な原因である思春期のニキビは、
皮脂分泌の多い額や鼻などのTゾーンから頬・あごまで、
広範囲にわたってできるのが特徴です。

 

一方、Uゾーンといわれるあごやフェイスライン・首筋にかけてできるのは、
大人ニキビであると考えられます。

 

思春期のデキモノと大人ニキビでは、できる部位や範囲だけでなく、
その原因にも違いがあります。

 

成長ホルモンが皮脂腺を刺激して皮脂が過剰に分泌されることで、
毛穴がつまりやすくなり、アクネ菌が繁殖することでできるのが思春期のデキモノです。

 

しかし、思春期を過ぎてもなおできてしまう大人のあごニキビの原因は、
明確に一つに絞れないというのが特徴です。

 

不規則な食生活、睡眠不足、飲酒や喫煙、ストレス、
間違ったスキンケア、ホルモンバランスの乱れなど、実に様々な原因があげられます。

 

皮脂が毛穴につまってしまうという意味では、
あごニキビも思春期のものと同じ原因からできています。

 

しかし、何が皮脂の詰まりを起こす原因になっているかについては、
まったくと言っていい程にちがうのです。

 

そして、あごという部位はついつい手で触ってしまいやすく、
衣類や髪の毛先などが接触することによる刺激も受けやすいです。

 

そのため、あごニキビは悪化しやすいのです。
「気づいたら跡が残っていた」ということも少なくないでしょう。

 

もしも少しでも前兆が見られるのであれば、少しでも早い対策をとりましょう。

 

あごニキビの治し方

 

あごにできてしまっているニキビ跡は、
ちょっと黒っぽくなってしまっているというケースが多くみられます。

 

実はこのあごのニキビ跡、メラニン色素が肌を守ろうとして生成された結果、
シミのように取り残された色素沈着によるものであることも多いんです。

 

そこで、このような色素沈着によるあごのニキビ跡を解消するのにオススメなのが、
美白効果がある薬用化粧品です。

 

美白効果がある薬用化粧品には、
シミやソバカスの原因であるメラニン色素の生成を抑制したり、
溜まってしまったメラニン色素を分解する薬用成分が含まれているものが多くあります。

 

これらの薬用成分は、あごにできてしまったメラニン色素が原因になるニキビ跡についても、
効果を期待することができるんです。

 

ただ、あくまでもメラニン色素のあごのニキビ跡になりますので、
陥没してしまっているようなクレーター跡の改善は難しいことがあります。

 

あごのニキビ跡が黒っぽくなっているという方の場合には、
美白効果がある薬用化粧品を使い、しっかりと保湿を行って、
ターンオーバーを正常にしてあげる事でも改善が期待できます。